セミは素数を知っている

パグ犬のpuGだよ



puGは数学者で、根っからの理系



一方のご主人は、ま逆の文系人



だからかなぁ

ご主人はいつも優しく

puGに教えてくれる



世の中やひとの気持ちは、


白・黒で割り切れること

ばかりじゃないんだよって



とっても

情緒のあること言うね



でも、puGも伝えたい!



この世界は、物理法則や数学の定理に

当てはめても

上手に説明できるんだってことを!



たとえば、

セミの寿命だね



北アメリカには、

きっちり17年ごとと

きっちり13年ごとに

大量発生するセミがいて、


「素数ゼミ」って呼ばれてるんだよ


でも、どうして、

17と13なのって思うでしょ?



ほかの周期の

18と15とかでもよさそう



そのヒミツは最小公倍数にあるんだよ


最小公倍数は、いちばん最初に

ふたりが出会う数のことだね



3と6の最小公倍数は、6

3と4の最小公倍数は、12

4と6の最小公倍数も、12



素数同士だと、最小公倍数は、

素数でない数よりも大きくなるの



つまりこんな感じ


13年ゼミ×17年ゼミ:221年周期

15年ゼミ×18年ゼミ:  90年周期

16年ゼミ×18年ゼミ:144年周期



やっぱり、

周期のちがう他種のセミと交わるのって、

厳しい環境を生き抜くには不利みたい


だから、種の存続には

なるべく同周期のセミと

仲良くするのがよいのね



その証拠に、

もともとは、12年セミから18年セミまで

存在したらしいんだけど、



結局、絶滅してしまったそう



この素数ゼミのはなしは、

数学界ではまぁまぁ有名かな~




あっ、、、でも素数ってことは



やっぱり世の中って

割り切れないものなんだね




puG♡

HAL's puG Blog

晴明 [HAL] によるブログ。ときどき、愛犬puGがつぶやくかも♡