來宮神社(静岡県)

來宮神社(きのみやじんじゃ)は、古くから来宮大明神と称し、熱海郷の地主の神であって来宮の地に鎮座し、来福・縁起の神として古くから信仰されています。「来宮(きのみや)」=「忌の宮」で、禁酒禁煙などの断ち物、悪縁切りなどにご利益があります。


ちなみに『渡る世間は鬼ばかり』の橋田寿賀子先生もよく訪れているそうです。これは渡鬼ファンなら行くしかない!



大楠

境内には2本の大きなクスノキが立っています。国指定天然記念物に選定される来宮神社のご神木「大楠」は樹齢2,000年を超え、平成4年度の環境省の調査で、全国2位の巨樹認定を受けました。


熱海鎮座の来宮神社は、江戸末期まで『木宮明神』と称していました。現在の『来宮』ではなく、『木宮』の字で古文書に記されています。古代の日本民族が、大きな木、岩、滝など巨大な自然創造物に神々が宿っていると信じ、感謝していたことが伺えます。




御祭神

大巳貴命(おおなむちのみこと)

・営業繁盛・身体強健の神  
大巳貴命は、素盞鳴命(すさのおのみこと)の御子。またの名を、大国主命(おおくにぬしのみこと)。さらに大国=大黒と読み方が同じことから、「ダイコク様」となりました。


日本武尊(やまとたけるのみこと)

・武勇と決断の神  


五十猛命(いたけるのみこと)

・樹木と自然保護の神  



鳥居~境内

決して大きな神社ではありませんが、この賑わい。境内にはカフェが併設されています。



來宮弁財天

境内にある弁財天は風水で良いとされる「背山臨水」の地形で、強力なエネルギーを発しています。気を充電するのによいのですが、気分の落ち込んでいる時は控えたいところです。マイナスの気も強めてしまいます。芸能上達、立身出世など、その他祈願多し。





《DATA》 

鎮座地:静岡県熱海市
御祭神:大巳貴命、日本武尊、五十猛命 
住 所:静岡県熱海市西山町43-1
交 通:JR熱海駅から十国峠行または西山循環に乗車、『來宮神社』前で下車、目の前

HAL's puG Blog

晴明 [HAL] によるブログ。ときどき、愛犬puGがつぶやくかも♡