あなたを不思議の世界にいざなう

あまり賢くない人は
自分が理解できない事については何でもけなす

ラ・ロシュフーコー



人間の耳では聞き取ることができない低周波音には

幽霊の存在を感じさせるものがあるという


それが「悪魔の出る周波数 19Hz」である



通常、人間の耳で聞き取れる領域は20~20,000Hz

聞き取れない20Hz以下の周波数を持つ音は《可聴下音》と呼ばれる


この可聴下音の波は、音として知覚されはしないものの

身体は無意識のうちにそれを感じている


例えば、レコード盤には可聴域より上の22,000Hzの音も含まれるといった話は聞いたことがあるだろう


可聴下音について本格的な研究が始まったのは1960年代で、フランスの科学者が実験中のところ、助手たちが耳の痛みや不安の高まりを訴えた。他にも寒気や何かに見られているという感覚、意味もなく悲しくなるといった報告も上がってきた。(サイト - カラパイアより)



19Hzが悪魔の出る周波数というのは特に有名な話で

・心霊スポットで観測される周波数
・幽霊の出る周波数
・眼球が振動する周波数

など、まことしやかにささやかれている


調べてみると

どうやら19Hzは眼球の共振周波数なのだそう


それが真実なら振動しやすくなるだろうから

「眼球が揺れることで幻覚を見てしまう」という説もありそうな気がしてくる


可聴下音と超常現象の関連性を指摘した最初の1人でもある大学講師のビク・タンディは、幽霊がよく目撃されるロンドン地下鉄など、さまざまな場所で可聴下音を計測した。その結果、意識的には知覚されない19Hzの周波数こそが、問題の効果を引き起こすと結論付けた。しかしその理由については謎のままだ。その後さまざまな説が提唱されたものの、その大半が推論に過ぎない。(サイト - カラパイアより)


真偽のほどは定かでないが

低周波音によって多くの人間が奇妙な感覚を覚えるというのは紛れもない事実



そもそも、音が人間に影響を与えることは自明の理

好きな音楽を聞くとテンションが上ったり

嫌いなアーティストの曲には不快感を覚えたり


我々は明らかに影響を受けている



おかしな心霊現象に悩まされている人は

自宅・近所や行動範囲内を疑ってみるのも手かもしれない




参考サイト:

http://karapaia.com/archives/52173063.html
http://bossanovaday.hamazo.tv/e4609661.html
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-3109.html
http://mainoko.com/blog/archives/959

HAL's puG Blog

晴明 [HAL] によるブログ。ときどき、愛犬puGがつぶやくかも♡