日本橋探訪(1)

いやぁ~、趣のあるお屋敷ですね~

この軽快な屋根瓦はガルバリウム鋼板でしょうか~


あ、どーも

またお会いしましたね


建築ハンターの渡辺HAL史です



東京の情緒あふれるスポットを紹介するコーナー

『HALのトウキョウ探訪』


今回は、日本橋の中でも新旧建築が入り交じる

日本橋室町エリアを探索してみましょう



1. 二本橋

日本橋は江戸と全国各地を結ぶ拠点でした
1603年(慶長8年)に徳川家康の命により架けられた日本橋


「日本橋」地名の由来、一説には

この橋が2本の丸太で出来ていたことから


二本の橋が転じて


二本橋

日本橋


と呼ばれ始めたのだそう


ところで、この文字は誰が書いたか知っていますか?


実はこの文字を書いたのは
15代将軍・徳川慶喜

橋の反対側には、漢字バージョンもあります
もちろん同じく慶喜公の筆です


立ち寄った際にはぜひ確認してみてください


2. 三井本館

三井本館

三井本館は

アメリカ式の近代銀行建築を参考に造られました


現在、国の重要指定文化財に指定されています


7階には三井記念美術館

直結する三井タワー上層階にはマンダリンオリエンタル東京



それよりも注目したいのが 【柱】


もう皆さんお気づきですね?


そう!コリント式です!



1階と2階を通したコリント式オーダーの列柱!

丸柱はエンタシス、フルーティング付き!

3階の上部にはコーニスを廻し、列柱上をエンタブラチュア風に扱い、、、



おっと失礼しました

つい熱が入ってしまいました


いやぁ~、柱ってイイですね~



しかも、建物内部にはドリス式の柱まで建てられていて


力強さの中に華やかさも兼ね備えた

柱ファン垂涎の建物



3. 日本橋三越 本店

日本橋室町エリアは

「三井村」と呼ばれており


そのわけは

三井財閥のルーツである呉服店「越後屋」がこの地で創業したから


日本初の百貨店、現在の三越でございます

そのため、

この界隈には三井関連の建物が多く立ち並びます



あ、こんなところにも柱が。。。




4. コレド室町


2010年にオープンした「コレド室町」


買い物、食事、映画館

なんでもあって楽しいスポットです




ちなみに不思議ワード「COREDO」は


英語で「核」を意味する'CORE'と
「江戸」'EDO'をつなげた造語だそうです


名前をつけるってむずかしいですね




HAL ლ(´ڡ`ლ)

HAL's puG Blog

晴明 [HAL] によるブログ。ときどき、愛犬puGがつぶやくかも♡